三谷温泉
トップページ 温泉旅館紹介 観光レジャー 会議・宴会・合宿 イベント紹介 交通アクセス
パンフレット 松風園 ホテル明山荘 ひがきホテル 平野屋 ホテル三河海陽閣 四海波 割烹旅館千賀 割烹旅館三長 青柳旅館 金剛寺 プチエンゼル ルー・ヴィナ オレンジペンション 三河大島・ビーチハウス アスティ 写真
写真 写真
三谷温泉旅館協同組合

三谷祭とは

三谷温泉 三谷温泉

 元禄時代から受け継がれる三谷町の産土神、八劔神社と若宮神社の例祭。10月下旬に2日間にわたり町内各6区で奉納踊りを行うほか、日曜日にはサラシを巻いた半裸身の氏子達が、4台の絢爛豪華な山車を曳き町内を練り歩いた後、海に曳き入れる迫力満点の「海中渡御」が行われます。

 4台の山車が八劔神社前に勢揃いします。それぞれに特徴のある立派な山車を、大勢の男性が力強く曳きまわし、若宮神社前を通り海へ向かいます。

 日曜日には「海中渡御」が行われます。4台の山車が海に曳き入れられ、人々のかけ声や水しぶきと共に、三谷の海岸が熱気とエネルギーで溢れます。海の中を山車が渡っていく光景は迫力いっぱいでまさに圧巻です。

三谷温泉 三谷温泉 三谷温泉

 海中渡御は、三谷温泉前海岸にて日曜日の午前10時45分頃、渡御を知らせる号砲とともにはじまります。海を渡る順番は、上区の「剣の山車」を皮切りに西区の「恵比寿の山車」、北区「三蓋傘の山車」、中区の「花山車」と絢爛(けんらん)豪華な4台の山車が号砲とともに海の中へ。男衆約200人ずつに曳かれた山車は、沖合の浅場を約400メートルにわたって静かに進み、15分ほどで海から上がります。

三谷温泉

フォトライブラリー

三谷温泉 三谷温泉 三谷温泉 三谷温泉 三谷温泉 三谷温泉